スキンケアで綺麗になろう!

2018年07月12日(木)
【普段は肌が乾燥しづらい人でも寒い季節に】
普段は肌が乾燥しづらい人でも寒い季節になるとカサカサになってしまうこともあるので、洗顔の後や入浴の後は化粧水をつけたり、乳液をつけるようにしましょう。


冬になると肌のトラブルが多くなるので、肌の手入れをサボらないようにした方がいいです。


そうやって、きちんと保湿をすることと血行促進することがこの季節のスキンケアの秘訣です。


冬になると冷えて血液がうまく流れなくなります。


血のめぐりが良くないと肌細胞に満足な栄養を届けることができず、代謝悪くなってしまい細胞がうまく働かなくなってしまいます。


そして、肌のトラブルを起こしてしまうため、血行促進を心がける必要があります。


血行が良くなれば、代謝がよく活動し健康的で美しい肌をつくれるようになります。


大切なお肌のために1番大切にしてほしいことはお肌にとって良い洗顔を行うことです。


洗顔で誤ったやり方とは肌トラブルの原因となり潤いを失う原因になってしまう原因となります。


肌を傷つけないように優しく洗う、念入りにすすぐ、というふうに意識をして洗顔をするようにこころがけましょう。


化粧水や乳液をつけるタイミングにも順序というものがあり、ちゃんとした順番で使わないと、せっかくの効果も半減してしまいます。


顔を洗ってからつけるのは化粧水です。


これにより肌を潤しましょう。


スキンケアの際に美容液を使うタイミングは基本である化粧水の次に使いましょう。


最後に乳液、クリームとつけていくのが正しい順番で、肌にしっかり水分を与えてから油分で水分が蒸発しないようにするのです。


保水機能が低くなると肌トラブルを起こし易くなってしまうので、ご注意ください。


では、保水力をもっと高めるには、どんな肌ケアを実践すれば良いのでしょうか?水分を保つ力を強くするための肌ケア法は、血の巡りを良くする、肌に良い成分をたくさん含んだ化粧品を取り入れる、上手に洗顔するという3点です。


19:42






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++