双節棍(ヌンチャク)

双節棍(ヌンチャク)
ヌンチャク(梢子棍、双節棍、二節棍)は武器の一種。
節で二つに分かれた棒」を意味する「両節棍」を副建語で読んだ「n=ng-chiat-kun」が語源。
長さは短棍系で25〜36cm、長棍系で36〜45cm、太さは24mm〜36mmの2本の棒を紐や鎖で
連結したものである。操法では、振り回した遠心力を利用して相手を殴打したり、
棍棒としての「打ち」や「突き」も含まれて、幅広い活用が可能となる。 ブルース・リーが映画『燃えよドラゴン』で使用したことから一気にポピュラー
なものとなった。彼が映画撮影時に用いたヌンチャクはプラスティック製の軽いものである。
リーの弟子、ダン・イノサントがリーに教えたと言われている。
倉田保昭が教えたという説もある

双節棍(ヌンチャク)


樫の木   スポンジ



ヌンチャク組手に使用するヌンチャク(スポンジ製)とセーフ面









w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ